HOME > 製品紹介 > デックオンフロート
デックオンフロートとは (調達庁優秀製品登録(20100089)、特許第10-0804052号、ボルト締結手段を装着したフロート)
上部にデックおよび構造物を便利的に設置が出来るボルト締結用ナットが整形されたフロートで既存のフロート上部構造物設置システムを画期的に改善した環境にやさしいフロディングシステム。
デックオンフロート詳細
製品
仕様
ㆍ規格(standard) : L500mm, w500mm, H 400mm
ㆍ重さ(Weight) : 7.0Kg
ㆍ荷重(Live load) : 93,kgf, 372kgf/m2
ㆍ材料(Material) : 高密度ポリエチレン樹脂
ㆍ乾舷(Freeboard) : 37.5cm
ㆍ上端表面(Top area) : 0.25m2
ㆍ強度(Tensilee strength) : upper 20,000N+以上
ㆍデック設置用ネット(Nut) : 10mm 9EA
製品特徴 上部面にナットを使ってフレームを簡単に設置でき、浮き橋全体を上部に固定。
浮き橋を脚を立てる基礎工事をやらなくて工期が短縮され費用が節減。
環境にやさしい。 環境にやさしい資材を使って環境汚染原を減らし、施工後美観の美しさとして観光資源化が出来る。
安定してない地層に安定に浮き橋システムを活用して浮き橋を作る。
特許持ちのフロートの構造物のツールを使ってデック作業を簡単に装着できる。
耐久性が優れて紫外線と凍傷を防ぎ、海水、化学薬品、有機物質などによる浸食が発生しない。
ベッド発掘、伐木など自然の被害が当たらない施工で出来る環境にやさしい。
水生植物をより近いところで見ることが出来て、自然学習場として活用。

組み
立て
順番

施工が完了した浮き橋(デックオンフロート製品)
デックオンフロート仕様効果
ㆍ無理な下地フレーム製作で浮力の減らし
ㆍ波によるむかむかしで歩行感が不安。
ㆍフロートの連結の間に砂利および異物が埋めこめられる
ㆍ下地フレームとフロートの不安定な結合
ㆍデックフレームとフロートの上部面の経済的な便利な結合
ㆍローリングと横揺れの防止効果で歩行の不安感を解消
ㆍ台風と波の発生の際、デックフレームの外れの防止
ㆍ安定欄干、ベンチ、街灯など便衣施設にボルトで直接締結
デック用浮き橋の施工の際、長所、短所の比べ
工法 自然被害 安定性 経済性
ㆍ地を掘ることない、
   重装備の投入ない
ㆍ自然毀損ない
ㆍ元地盤のそのまま保存
ㆍ水位変化による安定的な
   上下運動で堅固性の維持
ㆍ環境に優しいの
   資材の活用で
   自然生態の環境維持
ㆍ材料の高価
ㆍ迅速な施工
ㆍ工期の短縮を通して
   費用節減
ㆍ地を掘る、重装備、
   元地盤の損害
ㆍ装備と人力による地掘る
   ことで周りの自然毀損
ㆍコンクリートの養生の際、
   自然毀損
ㆍ地盤安定の際、問題なし
ㆍ軟弱地盤の沈下
ㆍ材料費の安さ
ㆍ人件費、経費、
   装備費用の 過多
ㆍパイルの打ちの際、
   重装備の進入必然
ㆍ仮締め切り、
   排水の工事が必然
ㆍ周りの自然毀損の必然
ㆍ耐荷重性の優れ
ㆍ湿地の場合、浮きもの
   の摩擦力の 憂慮
ㆍ材料費の高価
ㆍパイルの打ちの費用は別追加
ㆍバージ船、板の設置など
ㆍパイル打ちの事前に費用過多
浮き橋の設置の際、水位変化の適用力の優れ
製品適用範囲および事例